初心運転者講習を受けずに済んだ件 2020年

ビジネス・資格

初心運転者講習とは

初心運転者講習とは、運転免許証を取得して、1年間に違反や事故で点数が3点以上(1回で3点の場合は4点以上)になり、公安委員会より通知が届いた人が受講しなくてはいけない講習です。

講習場所は、指定されている自動車教習所で、事前に予約が必要となります。

しかも、受講料は免許証の種類別で 10,700円~19,800円と、まあまあ痛い金額。

受講時間は7時間で、ほぼ1日が潰れてしまいます。(原付免許は4時間)

受講しないと、学科と技能の試験を再度、受験しなくてはなりません。(原付免許は学科のみ)

そして、受験に不合格となると、該当する免許のみ、取消しとなるという恐ろしいシステム。

なので、ほとんどの人が初心運転者講習を受講する方を選択するに違いないですね。

初心運転者講習の詳細はこちら:警視庁HP

私が初心運転者講習を受けずに済んだ理由

それは、私が免除の対象だったからです。

免除条件の内容は、上位免許の取得です。

私は、原付免許を取得して1年以内に3点の違反をしてしまい、初心運転者講習の対象者となり通知書が届きました。

ですが、たまたま普通二輪免許(MT)の合宿を予約していました。

なんという幸運。

ネットで調べて、免除対象の可能性があることを知り、さっそく、通知書にあった担当先に確認。

免許合宿に行き、普通二輪免許を取得できれば、免除されるとの回答を得ました。

その後、無事に普通二輪免許を取得して、初心運転者講習を受けずに済みました。

意図的に免除できるか

今回は運良く免許合宿を予約しているタイミングで初心運転者講習の通知が届きましたが。

もし仮に、初心運転者講習の存在と上位免許取得の免除条件を最初から知っていて、且、普通二輪の合宿をまだ予約していなかったとしたら、どうなっていたのかを検証してみました。

まずは、最終の違反に遡ります。

最終の違反日は、令和1年12月17日。この日に違反点数が累計3点になり、初心運転者講習の該当者になった事を認識しました。

初心運転者講習通知書を受け取ったのが、令和2年1月25日。

初心運転者講習は、通知を受けた日の翌日から1ヶ月以内に受講する決まりがあるので、受講の期限は、令和1年2月26日。

受講期限までに、免許を取得しなくてはいけません。

なので猶予は、令和1年12月17日~令和1年2月26日の2カ月半。

2か月半あれば、直近で合宿免許の予約がスムーズに取れさえすれば、免許を取れますね。

次に、上位免許と下位免許の一覧、免許を取得するのに必要な運転経歴等、年齢制限をまとめました。

上位免許と下位免許一覧

上位免許下位免許
大型二種中型二種、普通二種、大型、中型、準中型、普通、小型特殊、原付
中型二種普通二種、中型、準中型、普通、小型特殊、原付
普通二種普通、小型特殊、原付
大型特殊二種大型特殊、小型特殊、原付
けん引二種けん引
大型中型、準中型、普通、小型特殊、原付
中型準中型、普通、小型特殊、原付
準中型普通、小型特殊、原付
普通小型特殊、原付
大型特殊小型特殊、原付
大型二輪普通二輪、小型特殊、原付
普通二輪小型特殊、原付
けん引なし
小型特殊なし
原付なし

免許を取得するのに必要な運転経歴等

免許によって、受験資格に運転経歴が必要な場合があるので、参考までにまとめました。

免許必要な運転経歴等
大型二種大型、中型、準中型、普通、又は大型特殊を取得して3年以上
中型二種大型、中型、準中型、普通、又は大型特殊を取得して3年以上
普通二種大型、中型、準中型、普通、又は大型特殊を取得して3年以上
大型特殊二種大型、中型、準中型、普通、又は大型特殊を取得して3年以上
けん引二種二種免許を取得
又は大型、中型、準中型、普通、又は大型特殊を取得して3年以上、且、けん引免許を取得
大型中型、準中型、普通、又は大型特殊を取得して3年以上
中型準中型、普通、又は大型特殊を取得して2年以上
準中型運転経歴は必要なし
普通運転経歴は必要なし
大型特殊運転経歴は必要なし
大型二輪運転経歴は必要なし
普通二輪運転経歴は必要なし
けん引大型、中型、準中型、普通、又は大型特殊を取得
小型特殊運転経歴は必要なし
原付運転経歴は必要なし

免許取得の年齢制限

免許によって受験資格の年齢制限が異なるので、参考までに年齢制限をまとめました。

免許年齢制限
大型二種21歳以上
中型二種21歳以上
普通二種21歳以上
大型特殊二種21歳以上
けん引二種21歳以上
大型21歳以上
中型20歳以上
準中型18歳以上
普通18歳以上
大型特殊18歳以上
大型二輪18歳以上
普通二輪16歳以上
けん引18歳以上
小型特殊16歳以上
原付16歳以上

上位免許取得で初心運転者講習を免除されるパターン

上位免許取得で初心運転者講習が免除される上位免許をまとめました。

違反した免許区分取得すると免除される上位免許
原付普通二輪、大型二輪、大型特殊、普通、準中型
普通二輪大型二輪
普通準中型、中型、大型、普通二種、中型二種、大型二種
準中型中型、大型、中型二種、大型二種
上記の※大型特殊は、初心運転者講習通知書の裏面に記載されている、上位免許取得による講習免除のリストには記載されてません。
理論上は免除対象なのではないかと思い、公安委員会の担当部署に確認したところ、「記載はされてないが、おそらく対象になるのではないか」との曖昧な回答でした。
加えて、疑問に思っていたので、同タイミングで公安委員会の担当部署に確認したのですが、「小型特殊免許」の初心運転者講習は「現状、存在しない」とのことでした。

上位免許をいつか取得しようと思っている方の中で、初心運転者講習の該当者になった方、ぜひ、上位免許取得を考えてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました