長生きするために知っておくべき死亡原因ランキング

健康・美容

健康に長生きするためには、日本人の死亡原因になりやすい病気を把握して、その病気にかかりにくい、食事や生活習慣を実践することが重要だと思います。

日本人の死亡原因ランキングを調べました。

平成30年 死亡原因ランキング

順位割合死亡原因
1位27.4%悪性新生物(腫瘍)
2位15.3%心疾患
(高血圧性を除く)
3位8.0%老衰
4位7.9%脳血管疾患
5位6.9%肺炎
6位3.0%不慮の事故
7位2.8%誤嚥性肺炎
8位1.9%腎不全
9位1.5%血管症及び詳細不明の
認知症
9位1.5%自殺

厚生労働省:死亡原因ランキングの資料はこちら

死亡原因の内容

悪性新生物(腫瘍)

  • 癌(がん)のこと。肺がん、胃がん、大腸がん、子宮がんなど。

心疾患(高血圧性を除く)

  • 心臓、冠動脈、及び心膜に起こる病気のこと。狭心症や心筋梗塞など。

脳血管疾患

  • 脳の血管が詰まったり、破れたりして起こる病気のこと。脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など。

肺炎

  • 細菌やウイルスが肺に入って感染し、肺に炎症が起きる病気。

誤嚥性肺炎

  • 本来口から食道入るべきものが、誤って肺に入ってしまった際に、排出する機能が衰えた高齢者に起こりやすい。誤って肺に入ってしまった、唾液や食べ物と一緒に細菌が入り、肺に炎症が起きる病気。

腎不全

  • 腎臓の機能が低下して、不要な老廃物や水分などの排出が出来なくなった状態。

コメント

タイトルとURLをコピーしました