【条件緩和‼】イオンゴールドカードのインビテーション条件が50万円になった

イオンゴールドカードのインビテーション条件緩和

私はイオンセレクトカードのミッキーマウスデザインのゴールドカードを利用しています。

イオンカードのゴールドカードへのインビテーション条件が50万円に緩和になりました。

普段からイオンゴールドカードを利用しているので、

  • 【緩和後】インビテーション条件とは?
  • イオンゴールドカードのメリットは?
  • イオンゴールドカードのデメリットは?
  • イオンゴールドカードを使っての感想は?

についての記事を書きました。

【緩和後】インビテーション条件とは?

緩和されたイオンゴールドカードのインビテーション条件は、対象のイオンカードで年間で50万円以上のカードショッピングをすることです。

※年間のカードショッピングは、毎年1月11日~翌年1月10日の利用額で集計されます。

※対象のイオンカードを下にまとめました。

  • イオンカード
  • イオンカード(WAON一体型)
  • イオンカード(WAON一体型/ミッキーマウス デザイン)
  • イオンカード(WAON一体型/トイ・ストーリー デザイン)
  • イオンカードセレクト
  • イオンカードセレクト(ミッキーマウス デザイン)
  • イオンカードセレクト(トイ・ストーリー デザイン)

※ゴールドカードへの変更時にデザイン変更ができないので、ノーマルカードを作る時点でデザインの選択をしないといけません。

イオンカードの公式ホームページには、

イオンゴールドカードは、他の一定の基準を満たしたお客さまにも発行しております。

【公式HP】イオンゴールドカードのご案内より引用

とも記載があるので、詳細不明なゴールドカードの発行条件が他にもあるようです。

イオンゴールドカードの詳細は下のURLページから確認できます。

【公式HP】イオンゴールドカードのご案内

イオンゴールドカードのメリットは?

イオンゴールドカードのメリットを、次の各項目ごとにまとめました。

  • 年会費が無料
  • ディズニーのデザインがある
  • 買い物の特典がある
  • 電子マネーWAONが使える
  • イオン銀行のATM手数料が魅力的(※イオンカードセレクト)
  • 各種保険 等が無料で付帯している(※条件あり)
  • 国内空港ラウンジが無料で使える

年会費が無料

ゴールドカードは、年会費が発生するカードが多いですが、インビテーションのイオンゴールドカードは年会費が無料です。

ディズニーのデザインがある

JCBのみになりますが、ミッキーマウスとトイ・ストーリーのデザインがあります。

ゴールドカードへの切替え時に、デザイン変更ができないので、最初にクレジットカードを作る時点で慎重にデザインの選択をしないといけません。

買い物の特典がある

イオングループの店舗・ネットでの買い物で、ゴールドカード限定の特典があります。

電子マネーWAONが使える

電子マネーWAONが使えるので、スマホにWAONアプリをインストールして、簡単にスマホのタッチ決済で、スムーズに会計ができます。

イオンカードセレクトのゴールドカードは、WAONのオートチャージでもポイントが貯まりお得です。

イオン銀行のATM手数料が魅力的

イオンカードセレクトの話しにはなりますが、クレジットカードにイオン銀行のキャッシュカード機能が備わってます。

イオン銀行のATMでは365日24時間、入出金の手数料が無料です。

条件を満たして、イオン銀行Myステージを上げることができれば、振込手数料も回数制限で無料になります。

各種保険 等が付帯している

イオンゴールドカードに付帯している保険 等を下にまとめました。

  • 海外旅行傷害保険(※保険適用には条件有り)
  • 国内旅行傷害保険(※保険適用には条件有り)
  • ショッピングセーフティ保険
  • クレジットカード盗難補償

国内空港ラウンジが使える

当日の搭乗券(または航空券)とイオンゴールドカードの提示で空港ラウンジが使えます。

※同伴者は有料です。

イオンゴールドカードで利用できる空港ラウンジを下にまとめました。

  • 羽田空港(国内線)
  • 成田空港(第2旅客ターミナル)
  • 新千歳空港(国内線)
  • 伊丹空港(大阪国際空港)
  • 福岡空港
  • 那覇空港

イオンゴールドカードのデメリットは?

イオンゴールドカードのデメリットを、次の各項目ごとにまとめました。

  • イオングループ以外の利用で還元率が低い
  • イオンカードセレクトの引落口座がイオン銀行のみ
  • ゴールドカードのデザインが変更できない
  • ディズニーのデザインはJCBブランドのみ

イオングループ以外の利用で還元率が低い

イオングループ以外でのクレジットカード利用時のポイント還元率が、0.5%と低めです。

私はイオングループでの買い物時のみに、イオンカードを利用しています。

イオンカードセレクトの引落口座がイオン銀行のみ

イオンカードセレクトの話しになりますが、引落口座は、クレジットカードに備わっているイオン銀行のみで、他の銀行口座からの引落しができません。

ゴールドカードのデザインが変更できない

ゴールドカードへの切替え時に、デザインの変更ができません。

なので、イオンカードを作成するタイミングで、慎重にデザインを選択する必要があります。

ディズニーのデザインはJCBのみ

ミッキーマウス、トイ・ストーリーのデザインカードがありますが、JCBのみです。

VISAやMastercard では、ディズニーデザインカードを選択できません。

イオンゴールドカードを使っての感想は?

結論として、私は今後もイオンゴールドカードを使い続けたいと思います。

イオンゴールドカードを使ってみて感じたメリット、デメリットを次にまとめました。

私が感じるメリット

  • 私の近所にイオン系列「まいばすけっと」があり、お得に買い物ができるし、ポイントも貯め易いので、ほぼ「まいばすけっと」一択で買い物してます。
  • 私のゴールドカードはイオンカードセレクトで、イオン銀行もセットになっています。近所の「まいばすけっと」にイオン銀行のATMがあり、入出金の手数料が何回でも無料なので、重宝して利用しています。
  • 私はミッキーマウスが好きなのと、カードがゴールド色で、財布に入っているだけでテンションが上がります。

私が感じるデメリット

  • イオングループ以外での利用が、還元率が0.5%と低いことです。そのため、私はイオンゴールドカードをサブカードとして利用しています。
  • 私はイオンカードセレクトのゴールドカードなので、強制的に引落口座がイオン銀行となってます。できれば、引落口座は、別な銀行を選択できればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました